【芸能】片岡愛之助、歌舞伎×貞子コラボにワクワク 「仲間由紀恵さんが出てくれるのかな」と期待も

【芸能】片岡愛之助、歌舞伎×貞子コラボにワクワク 「仲間由紀恵さんが出てくれるのかな」と期待も

【芸能】片岡愛之助、歌舞伎×貞子コラボにワクワク 「仲間由紀恵さんが出てくれるのかな」と期待も

 歌舞伎俳優の片岡愛之助(50)が15日、都内で行われた大阪松竹座『日本怪談歌舞伎(Jホラーかぶき)貞子×皿屋敷』制作発表会に出席した。

【動画】「仲間由紀恵さんかも…」貞子役を大胆予想する片岡愛之助

 日本の伝統芸能である“歌舞伎”と、世界的にも認知されている「Jホラー」を代表する“貞子”が史上初めてのコラボレーションが実現。今回上演する『時超輪廻古井処(ときをこえりんねのふるいど)』は、貞子と、歌舞伎の「皿屋敷伝説」が、古井戸を通して、時空を超えて交錯する新作歌舞伎10月3日〜25日まで大阪松竹座にて上演される。

 オファーを受けた片岡は最初「どういうふうになるのかな」とワクワクしていたことを明かし「僕が貞子やらせてもらえるのかな」と思ったそう。そして主人公の浅山鉄山を演じることが決まった際には、最近の公演で悪役をばかりを演じることに触れ「最近いろんな人を殺して悪いやつしか回ってこないのかな(笑)」と苦笑した。

 オカルトファンの一面もある片岡は、貞子シリーズを最初に見た感想を「最初は怖くてしょうがなかった」と語り、「非常に衝撃で夜中トイレにいけなくなったりとか、シャンプーして髪をかきあげたらいるんじゃないか」と振り返った。そして、映画の『リング0 バースデイ』で仲間由紀恵が貞子を演じていたことに触れ「仲間由紀恵さん出てくれるのかなとも思ったんですけど、そうでもないみたい…。髪をかきあげたら仲間由紀恵さんかもしれない(笑)」と期待を寄せた。

あらすじ
室町時代後期。足利幕府は機能不全に陥り、有力守護大名の細川氏と山名氏が国を二分
世情は乱れに乱れていた。細川家の国家老・浅山鉄山(片岡)はこの機に乗じて天下を掌握する野望を抱き、邪魔な忠臣・船瀬三平(中村莟玉)とその許嫁・お菊(中村壱太郎)を井戸に沈めて殺害する。しかし、不思議な力に引き寄せられ、鉄山自身もまた、井戸に引きずり込まれてしまう。

その五百年後の現代。同じ古井戸のそばで、若者たちが謎の死を遂げる。彼らに共通していたのは、古いVHSテープに映っていた同じ映像を見ていたということ。事件の一報を受け、神官の室戸光が調査に乗り出すが…

thumb-12173-1810357-entame
歌舞伎×貞子に期待を寄せた片岡愛之助(右) (C)ORICON NewS inc.

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

続きを読む

続きを見る

芸能ニュースまとめサイトカテゴリの最新記事