【芸能】岬あかり、芸能界を離れてからレプロ30周年主役オーディションのストーリー「お芝居が楽しいと実感できたのは辞めてからだった」

【芸能】岬あかり、芸能界を離れてからレプロ30周年主役オーディションのストーリー「お芝居が楽しいと実感できたのは辞めてからだった」

【芸能】岬あかり、芸能界を離れてからレプロ30周年主役オーディションのストーリー「お芝居が楽しいと実感できたのは辞めてからだった」

2022年に開催されたレプロ30周年主役オーディションで見事合格し、芸能事務所レプロエンタテインメントに所属することとなった岬あかり2022年7月5日から放送開始しているドラマイズム『ロマンス暴風域』(MBS /TBSほか)では、主人公民生(渡辺大知)の就職先の同僚、辻萌役として、レプロエンタテインメント所属後、初のドラマ出演を飾った。ドラマ出演にあたり、「辻の原作のキャラクターを大事にした」と振り返り、「辻のかっこいい部分を見ていただきたい」と話した。また、彼女は2歳の時から、子役として芸能界に入り、中学校、高校と学業に専念するために一度は芸能界を退いた。「辞めた時点で既に未練はちょっとありました」と当時の思いを打ち明け、彼女が芸能界に復帰するまでのストーリーも話してくれた。

【写真】レプロエンタテインメント所属後、初のドラマ出演を果たした、岬あかり

事務所移籍後、初のドラマ出演“台本を何度も読み答えを見つけていった”

――事務所移籍後初めてのドラマ出演おめでとうございますドラマ出演にあたり役作りはどのようにされましたか?

漫画原作だったので、まず原作を読ませていただきました。読んでから原作の辻のキャラクターっていうのがすごく好きになったので、そのイメージを崩さないように心がけました。でも、ドラマと原作とで、ちょっと違う部分があって、その違いも楽しんでいただければと思いつつ、辻の原作のキャラクターを大事にしたいなっていうのがあったので、台本の方も何回も読んで自分が最初に思ったイメージで合っているのかな?とか、そういう答え合わせを自分の中でしていきながら、役に入っていきました。

――普段から漫画とかは読まれたりするんですか?

漫画は結構好きなので読みますね。「ロマンス暴風域」は出演が決まるまでは読んだことはなかったのですが、人間味のある作品が結構好きなので、読んでから作品自体も好きになりました。映画とかも人間くさいもの選んで見るのが趣味なので、今回の作品に関しては、自分の好きな人間味溢れる作品だったので、すごく嬉しかったです。

――岬さんが演じた辻のキャラクターで見てほしいポイントはどこですか。

辻のキャラクターとしてすごく芯が強く、かっこいい女性だと思っていて、私自身も、気が強い部分があったので重なるところもありました。私が思う辻のイメージは、おそらくプライドが結構高いのかなって。ちょっと人を見下している感じがあるんですけど、多分人間誰しもそれに似たようなものって持っている部分で、それを怯まずさらけ出してしまうあたりがかっこいいなって、思うので辻のかっこいい部分を見ていただきたいです。

――ドラマを通しての見どころはいかがですか?

民生の視点で進んでいくこの物語の中で、いろんな女性が出てきていろんなキャラクターが出てきて、それぞれが持つ、人間味を感じていただけるところが見どころになっています。すごく個性豊かなキャラクターが多く、何もないって思ってる人たちも、何か抱えていることがあって。人間ってみんな誰しもそうなんだなと感じていただければと思います。

■2歳の時から芸能界へ入るも“正直自分の意志ではなかった”

――今後どんな役を演じてみたいですか?

とにかくいろんな役に挑戦してみたいです。お芝居をするということ、演じるということがすごく好きなので、いろんな人になりたいなっていう。自分に色がないので、いろんな人物にもなりやすいのかなと思うし、色がないからこそ、その役でいろんな色を手に入れていきたいです。

――岬さんは小さいときから子役として芸能界に入っていますが、芸能界に入ったきっかけは?

お母さんが入れたんですよね。物心ついたらこの業界にいたって感じで。正直自分の意思で始めたことではなくて、2歳の時に気づいたら、撮影現場にいるみたいな。記憶がないですね(笑)。それから、お芝居の仕事が自分の中で日常になっていきました。なので、子役の時は、お仕事に対する楽しさとか嬉しさみたいなのは正直、薄かったんじゃないかなって。なので、辞めるって決めた時も、ちょっと寂しいかなぐらいでした。

■芸能界から離れ普通の学生となったが“辞めた時点で既に未練はあった”

――お芝居の仕事から離れた学生生活はいかがでしたか?

普通に楽しい学生生活を送れたので、ある意味良かったのかなって。「将来何しよう?やりたいことないよね?」みたいな話を友達としたり、くだらないことするのも楽しかったです。それに、普通の学生をやったからこそわかることもありました。

――休業してから芸能界への未練はありましたか?

お芝居の仕事が楽しい!って、実感できたのが休業してからだったので、辞めた時点で既に未練はちょっとありました。

――芸能界へ復帰することになったきっかけは?

役者をもう1回やりたいなって思ったのは、自分が子役のときに一緒に仕事をしていた子たちが、どんどん売れていくんですよ。それを、テレビや映画で見ていて、「ずるいな、悔しいな」っていう気持ちが大きくなって、「私もう一度、芸能界に戻りたいんだ」って気づかされました。

■レプロ30周年主役オーディションへ応募し見事合格…「とにかく自分で動かないと」で見つけた“運命のオーディション

――復帰後、以前所属していた事務所で活動した後にフリーで活動もされていました。その中でレプロ30周年主役オーディションを受けたきっかけは?

前の事務所を辞めて、フリーだった期間に、とにかく自分で動かないと、どうしようもないなって思い、とにかくいろんなオーディションを探して受けていました。その中でレプロ30周年主役オーディションを見つけて、これは受けなければ!と思って受けました。

――オーディションに受かった時の心境をお聞かせください。

嘘かと思いましたね。知らない番号から電話がきて受かり合格しましたって。子役の時も、そうでしたがオーディションで結構落ちてきたっていうのもあったので、受かった時の衝撃が強かったです。本当に受かったんだ…みたいな。

――オーディションはどのような感じで行われたんですか?

基本オーディションって審査員の方が見て、「はい、駄目」みたいなのが多い中で、レプロ30周年主役オーディションは最後の1ヵ月の審査がワークショップを開催してくださって、きちんと自分が今までやってきたことを見てくれました。オーディション自体に充実感があったので、受かった時に感じていたのは、充実感に、さらにプラスアルファでびっくりしたっていう感じでした。自分が今まで一生懸命やってきたことを見てもらえるっていうのはすごく、ありがたかったです。

■子役から現在に至るまで、心がけているのは“自分が好きだって思うことを全力で楽しむこと”

――子役のときから女優をやられていて、現在も復帰されて女優の仕事をしていますが、お仕事をするときに心がけていることは。

私はお芝居をすること自体がすごく好きで、何か今はどこかに向かってとかっていうよりかは、とにかく楽しんでやりたいなっていうのがあります。好きなことを全力でやらせてもらえる場って貴重なことだなって思うので、自分が好きだって思うことを全力で楽しみながらやっていきたいです。

――岬さんが描く理想の女優像は?

私のキャラクター的に普通っぽいって言われることが多くて、悩んだ時期もあったんです。でも、何人かの人に「それが個性なんじゃないの?」って言ってくださったことがあって、それからは“普通”であることが悪いことではないなって。ポジティブな気持ちで捉えられたので、普通っていう個性を活かせる女優になっていきたいです。役を演じるときに全力で普通じゃない人ができるようになったら面白いですよね。

――今後、出演してみたいジャンルはありますか?

コメディーやってみたいですね。自分が絶対できるって自信があるっていうわけではないんですけど。やっぱりお芝居に対して楽しいって思っているので、コメディーとかって、全力で楽しいをやるじゃないですか。なので、挑戦してみたいなって思います。

――休業を経て、今が一番楽しめているんですね。

私は飽き性というか、本当に好きなことしか続かない性格なので、お芝居だけは休業はしましたが、やめたことはないので多分本当に好きなんだろうなって。

m_thetv-1096284
『ロマンス暴風域』で辻萌を演じた岬あかり/※提供写真

(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

続きを読む

続きを見る

芸能ニュースまとめサイトカテゴリの最新記事