【芸能】カズレーザーも称賛。35歳東大卒秀才が「ヤンキー芸人」になった意外なワケ

【芸能】カズレーザーも称賛。35歳東大卒秀才が「ヤンキー芸人」になった意外なワケ

【芸能】カズレーザーも称賛。35歳東大卒秀才が「ヤンキー芸人」になった意外なワケ

「金髪リーゼントメガネ」というインパクト大の出で立ちで、クイズ番組『Qさま!!』に彗星のように登場。宇治原史規氏(ロザン)、カズレーザー氏(メイプル超合金)を筆頭にしたインテリ芸能人や、並み居る現役東大生を倒し、一気に知名度を高めたのが、東大ヤンキー山さん(35歳・@yujinsawayama)だ。

sawayama-8-e1658397448379-1024x787
東大ヤンキー澤山氏

 その名の通り、「東京大学出身」という聡明さで、同じくクイズ番組で活躍するカズレーザー氏は、自身のYouTubeで「澤山が出てきたときは、こいつが同じくらい努力して、クイズの勉強をされたら、俺は勝てない」と称するほどの逸材。ただ、本業でもある「芸人」としては、どうも日の目を見ない状態が続く

 これまでの芸人としての歩みを聞くとともに、“色々と乗っかった”キャラ設定の誕生、それによって生まれた悩み、今後の仕事の舵取りなどなど、ざっくばらんに語ってくれた。

ヤンキーキャラは卒業?

――『Qさま!!』の頃より、随分と髪や格好が落ち着いた感じですね。

東大ヤンキー澤山(以下、澤山):僕、いま35歳なんですよね。これまでド金髪でスカジャンを着ていたんですけど、いい加減“ヤンキー”を押し出すのもどうなのかなと。あまりテレビにも出なくなって、「辞めるなら今だ!」って思って変えてから、息がしやすくなりました(笑)

――その一方で、ブログで経済のことを解説する「ニュース精読」シリーズは、心の揺れ動きをおくびにも見せず、毎日変わらず投稿し続けていて。

澤山:そんな前からチェックしないでくださいよ(笑)。仕事のアピールのためにも、キャラ付けをまだしておくためにも、辞め時がわからないんですよね。毎朝起きたら1時間近く日経新聞読みこんで、まとめて夕方にアップ。もう6〜7年ぐらい前から、仕事は減っていっても続けています。

自分は「ただの勉強ができるヤツ」

東大ヤンキー澤山
現在の澤山氏。ヤンキー要素が抜けていた

――テレビを見ていた皆さんは分かっているとは思うんですが、もともと“ヤンキー要素”はないわけですよね?

澤山:まあ……そうですね。学生時代、警察にお世話になったことは1度もないし、ただの勉強ができるヤツですよ。ただ、勉強は塾でするって決めていて、学校の授業は手を抜いてやっていたから、先生には嫌われているタイプでした。

兄も東大卒。「国家機密プロジェクト」に携わる

東大ヤンキー澤山
学生時代の澤山氏

――当時なりたかった職業はあるんですか?

澤山:実はその当時から、ぼんやりとお笑いはやりたいなと思っていたんですよね。親は、弁護士公務員になることを望んでいて。兄も東大で、いまは某電機メーカー宇宙開発の設計……なんか国家機密なので教えられない事業みたいです(笑)。そんな優秀な人が近くにいたので、「お笑いをやりたい」とは到底言えなかったですよね。

――なんでまたお笑いに興味を?

澤山:爆笑問題さんの存在ですね。『爆チュー問題』なんかも世代でしたが、とくに『号外!!爆笑大問題』という番組が好きで、VHSに録っては繰り返し見ていました。そこで「いつか自分もこうなりたい」と、密かに憧れを抱いていった感じです。TBSラジオの『爆笑問題カーボーイ』も聴きたかったんですが、大学受験期ということもあったので、合格後に生で聴くのをモチベーションに、毎日勉強していました。

落研の同期で唯一芸人を目指す

東大ヤンキー澤山

――東大入学後は落語研究会に入ったそうですね。

澤山:とりあえず、東大でお笑いをやりたかったら「落研」ということで。ただ、当時の同期で、プロの芸人を目指していたのは自分だけじゃないですかね。OBには、落語家の春風亭昇吉さんとか、あとウチ(ワタナベエンターテインメント)の会長(吉田正樹氏)もいて。ちょっと上に、初の東大卒芸人で、もう解散してしまった「田畑藤本」の藤本さんがいるんですけど、あの人はテニスサークルで、東大落研の敵でしたね(笑)

――やはりというべきか、皆さん進路は別のところに目を向けるわけですね。

澤山:あんなに4年間ふざけ合っていたのに……。僕、言い方は良くないかもしれないですけど、学歴があるから最悪つぶしがきくし、一生に1度だからやりたいことをやろうと思って、早い段階から芸人になる決心はついていたんですよ。ただ、親に言ったのは、卒業するひと月前。それまで、就活シーズンに動かない自分を見て「こいつどうするつもりなんだ?」って思っていたはずです。

「お笑いをやりたい」との告白に母が“ガチ寝込み”

東大ヤンキー澤山

――ご両親も結構泳がせていたんですね(笑)

澤山:打ち明けた時が人生で1番緊張したんじゃないかなあ。実際、「お笑いをやりたいんだけど」って言ったら、オヤジは「お前がそういうなら」っていうテンションだったんですが、母親は黙って部屋を移動して、横になっちゃって。あれがリアルな「寝込む人」でしたね(笑)

――ワタナベを選んだのはなぜですか? 爆笑問題が好きなら(爆笑問題が所属する)タイタンも候補として考えそうですが。

澤山:大学生お笑い大会を主催してくれていて、在学中に軽く縁はあったんです。というか、タイタンの入り方もわからなかったですし、お笑いという広い世界に行けば、フィールドは一緒だろうと。そんなこだわりはなかったですね。ただ、爆笑問題みたいに、漫才で時事をいじったりする、いわゆる正統派なことはずっとやっていました。いまみたいに、学歴を武器に使いたくなかったんです。

プライドを捨て「マウンティング漫才」へ

東大ヤンキー澤山

――それでも、転機が来るわけですよね。

澤山:ワタナベコメディスクール時代、1年近く全くウケずに、ABCDランクでも下位のC〜Dのところにいて。それで当時の相方に、「やっぱり東大を押し出していったほうがいいんじゃない?」って言われて、ネタを「ここでCランクにいるけど、そもそも東大の俺からしたら世の中のランクはDだ!」と、“上から目線で嫌味を言うスタイル”に変えてみたら、めちゃくちゃウケたんです。それから「アイツら面白い」と、正式に事務所に所属することができました。

――まだその時はヤンキーキャラでもなかったと。

澤山:それはもっと後のことで、相方も変わって「なんぶ桜」として活動していたときです。段々と上から目線のネタがウケなくなってきたので、“インテリがヤンキーをやってみる”っていうコンセプトのもと、それまで黒髪短髪だったのを金髪リーゼントにして「東大ヤンキー」になったんです。爆笑問題さんに憧れていた中高生の自分が見たらガッカリするでしょうね(笑)

『Qさま!!』のオーディションは1位通過

東大ヤンキー澤山

――ちょうどそのタイミングですかね?『Qさま!!』に出演が決まったのは。

澤山:そうですね。オーディションとなる筆記テストで1位通過して、本番でもバンバン正解できて、お仕事が増えてきた……っていう。地下ライブ時代からの知り合いだったカズレーザーさんが同時期にいたのも心強かったですね。

――ネタの方はどうだったんですか?『M-1グランプリ』も出ていたと思うんですが

澤山:2回戦が最高ですね。クイズは強くても、そっちは単純に力不足で。2016年に『Qさま!!』にピンで出始めてから、コンビも1年後に解散。テレビに出て相方切ったんだろって言われることもあったんですけど、それ以前から2人でやっているのがしんどくなって、まあ方向性の違いですね。

難関資格を取るも目指すが「お笑い一本」

――いまはピン芸人として活動されていると思うんですが、資格も結構取っていませんか?

澤山:テレビ出演が減って揺れ動いている時期ですから(笑)。というのは置いといて、番組の企画で気象予報士や、趣味である漢検の準一級を取りました。今後、仕事にもつながるかもしれないですし。

――気象予報士なんて、倍率が高いはずなのに一発合格ですよね?あっさりと受かるのはさすがというか。

澤山:僕にかかれば普通に……って各方面から嫌われますね(笑)ブログクイズもそうなんですけど、コツコツ真面目に続けられる強さはあるかもしれないです。いまは税理士の勉強もしていて。

教科書を全部理解すれば東大は合格する

東大ヤンキー澤山

――なぜですか?

澤山:オヤジが税理士事務所を開いているので、将来のことを考えてです(笑)。それもあるし、年を取っていくごとに、勉強するのが好きなんだなっていうことに気づいて。よく「勉強法を教えて下さい」って聞かれますけど、真新しいことなんて何もなくて、参考書のわからないところをひたすらつぶていく、ただそれだけ。東大だって、教科書を全部理解すれば合格するんですよ。

――うーん、ごくシンプルな答えなんですね。

澤山:斬新なことを言えたら、伊沢(拓司)くんみたいに仕事が増えるんでしょうけど。まあ……こうしたコメントでもそうですけど、「守り」に入ってしまうのが僕の課題ですよね。お笑いをやろうと決めた時が一番攻めていましたね。ヤンキーキャラも結局、攻めきれていないというか、無理していたというか。

 いろいろ脱線してきましたけど、今後まずはネタで「こいつ、おもろいやっちゃな」と評価されたいです。お笑い一本で勝負できる人に憧れているので……ただ半年後、またド金髪リーゼントに戻していたらすいません(笑)

<取材・文/東田俊介 撮影/ともまつりか 編集/ヤナカリュウイチ(@ia_tqw)>

【東大ヤンキー澤山】
1987年神奈川生まれ。東大法学部卒業後、ワタナベコメディスクールに入学。その後ワタナベエンターテイメントに所属し、コンビで活動後、ピン芸人として金髪にリーゼントヤンキースタイルクイズ番組『Qさま!!』などに出演
Twitter:@yujinsawayama

【東田俊介】

大学を卒業後、土方、地図会社、大手ベンチャー、外資など振り幅広く経験。超得意分野はエンタメ Twitter:@shunbini

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

続きを読む

続きを見る

芸能ニュースまとめサイトカテゴリの最新記事