【芸能】今井絵理子議員、奔放な男性関係と育児で振り回した元恋人をつなぎとめた目的は【芸能界、別れた二人の真相】

【芸能】今井絵理子議員、奔放な男性関係と育児で振り回した元恋人をつなぎとめた目的は【芸能界、別れた二人の真相】

【芸能】今井絵理子議員、奔放な男性関係と育児で振り回した元恋人をつなぎとめた目的は【芸能界、別れた二人の真相】

 SPEEDメンバーとして活躍した自民党の今井絵理子氏が、10日に投開票された参院選の比例代表で再選。11日早朝、今井氏は東京・銀座の事務所に松葉づえ姿で現れ、「1期目とは違う厳しさ」と選挙戦の手ごたえを口にした。

 今井氏は今年5月、鹿児島県・徳之島の闘牛祭りに参加した際、牛から落下して骨盤を骨折。再選同日、自身のツイッターで「息子の礼夢、パートナーの橋本さんには介助含めて家事や選挙のお手伝いをしていただきました」と述べ、「この二人のおかげで乗り越えられたし、救われた」と投稿した。息子は長男でプロレスラー・今井礼夢、そして「パートナーの橋本さん」とは今井氏が交際中とされる元神戸市議・橋本健氏である。

 ​>>土屋太鳳、山崎賢人とは事務所に別れさせられた? 失恋の痛手で休日拒否か【芸能界、別れた二人の真相】<<​​​

 橋本氏といえば2017年7月、『週刊新潮』(新潮社)に報じられた今井氏との“新幹線つなぎ不倫”報道の張本人で、不倫報道を機にこの年に離婚。今井氏は“略奪”した形となった。

 そんな今井氏だが、“略奪”行為はこれが初めてではないようだ。
 2017年8月、『週刊女性』(主婦と生活社)では、今井氏が8年間同棲をしていたという元恋人で映像ディレクター・冨重代機氏が複雑な胸中を告白している。

 同誌によると、2人の出会いは今井氏が175RSHOGOとの離婚を発表する前のことだという。今井はSHOGO2007年9月に離婚をしているが、このときすでに今井氏のそばにいたのが冨重氏だったと報じている。

 記事では、今井氏が24歳当時、冨重氏は半同棲生活を送っていた女性がいたものの、そのマンションまで押しかけ、冨重氏を“略奪”したとしている。そして、2人は間もなく礼夢と3人での同棲生活をスタートさせたと伝えた。

 冨重氏は、今井氏のソロプロジェクトに携わり、2008年放送の『24時間テレビ』(日本テレビ系)に礼夢が出演した際にも出展映像を制作したとし、2009年2月に今井氏が出版したエッセイ『ココロノウタ』(祥伝社)の写真を撮影していたという。また、冨重氏は礼夢の学校行事にも進んで参加するなど“夫”として公私ともに今井氏を支えていたようだ。
 
 「2008年に礼夢の障がいを告白してからの今井氏は聴覚障害者関連の仕事が増加。今井氏に代わり冨重氏が礼夢の面倒を見ていると、手話で『パパ』と呼ぶようになり、2人の間では再婚話が何度も出ていたといいます」(芸能ライター)

 しかし、3人での生活は8年も続いたが2人の再婚はなかった。その理由として、同誌は今井氏の両親が冨重氏を“ヒモ”扱いし、再婚を反対したと報じている。

 だが、別れは突然訪れたようだ。記事によると、時期は不明だが今井氏は「他に好きな人ができた」という理由で冨重氏に「出て行ってほしい」と同棲生活の解消を突きつけたとしている。

 同誌によれば、相手は「インターネットで知り合った、自称“放送作家”のイケメン」とのこと。しかし、今井氏は相手と3カ月で別れたとし、礼夢の子育てに苦悩すると「戻ってきてほしい」と冨重氏に頼んでいたという。

 とはいっても、2人はヨリを戻したわけではなく、冨重氏は破局してからもたびたび今井氏の自宅に呼ばれていたようだ。その理由について、「彼(冨重氏)が管理していた、今井の映像や写真のデータを持ってこさせていた」と、今井氏の知人が同誌に証言した。

 2016年7月、今井氏は国会議員に転身。その一方で2016年2月、同誌は、今井氏の母親が公認する地元・沖縄の同級生男性との半同棲を報じ、同誌の取材に応じた今井氏の母親は、この男性との交際を認めたとしている。

 そして2017年7月、橋本氏との不倫疑惑が報道された。今月9日、ニュースサイト『デイリー新潮』は橋本氏との9月再婚説を報じたが、まずは国民のために職務を全うしてほしい限りである。

Real_Live_200226923_1
今井絵理子

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

続きを読む

続きを見る

芸能ニュースまとめサイトカテゴリの最新記事