【芸能】水野裕子、“怪魚ハンター”五大陸制覇の秘話 自己ベストは約3メートルの巨大魚

【芸能】水野裕子、“怪魚ハンター”五大陸制覇の秘話 自己ベストは約3メートルの巨大魚

【芸能】水野裕子、“怪魚ハンター”五大陸制覇の秘話 自己ベストは約3メートルの巨大魚

1 フォーエバー ★ :2022/07/17(日) 21:11:20.90ID:CAP_USER9

7/17(日) 10:20配信

足かけ4年で達成 「また海外の大物釣りにも行きたいです!」
巨大ピラルクを釣り上げた水野裕子。“怪魚フィッシング”で五大陸制覇の経験を持っている【写真:水野裕子さん提供】

 アスリートタレントとして多くの“筋肉系番組”に出演し、50超の競技に取り組んできた水野裕子さん(40)は、根っからの釣り好き。番組を通して、“怪魚フィッシング”で世界の巨大魚を釣った経験を持つ。興味を持った好きなことに“全力投球”の生き方に迫った。(取材・文=吉原知也)

【写真】大人4人でやっと…見たことがない規格外サイズの超巨大魚 水野裕子が釣り上げた実際の写真

 釣り好きの父の影響で、魚釣りは幼少期からやっています。芸能界に入ってプロフィル欄に「趣味は釣り」と書かせてもらっていて、それが地上波の釣り番組「THE フィッシング」(テレビ大阪)のレギュラー出演につながりました。

 さらに、「ザ・プレミアム 怪魚ハンターが行く!」(NHK・BSプレミアム)シリーズにお声がけをいただき、足かけ4年の出演で、五大陸を制覇させていただきました。今年でデビュー23年目ですが、キャリアを振り返る際にこれは1つやり遂げたと思うお仕事がいくつかあります。トリノ冬季五輪で現地キャスターとしてフィギュアスケートの荒川静香さんの金メダルを生で見て取材できたこと。それと、この番組です。

 番組では、さまざまな情報や人脈を駆使して釣りのメソッドを探求されている「怪魚ハンター」という肩書の方とご一緒させていただきました。淡水魚を狙うのですが、専用の道具があるわけではなく、試行錯誤しながらの挑戦の連続でした。

 一番印象に残っているのは、カナダ・フレーザー川でシロチョウザメを釣ったことです。大物の296センチで、あと4センチで3メートルだったのに…(笑)。私が最初から最後まで1人で釣りたいと言ってチャレンジしたのですが、めちゃくちゃ大変でした。釣るのにトータルで1時間ぐらいかかりました。15分かけて巻いた50メートル分を、魚にたった10秒で戻されるみたいな。それを繰り返して、ギリギリまで寄せて船を動かしてそのまま浅瀬に行くという形で、最終的に川に帰しました。もう腕が上がらなかったです。体全体で釣り竿を支えて踏ん張っていたので、腰も痛くなって。自分の中では、釣り上げた魚で最長です。それに、ファイトした時間も最長です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a6ccd444a6e425e1e693e14d7e44df3593de263c


(出典 encount.press)


(出典 news-pctr.c.yimg.jp)

続きを読む

続きを見る

芸能ニュースまとめサイトカテゴリの最新記事