【芸能】京都水族館と舞妓がコラボ 大水槽前で魚たちと舞の共演

【芸能】京都水族館と舞妓がコラボ 大水槽前で魚たちと舞の共演

【芸能】京都水族館と舞妓がコラボ 大水槽前で魚たちと舞の共演

 京都水族館京都市下京区)は京都の伝統芸能を継承する舞妓が、水槽前で舞を披露するイベント「舞妓 -花の刻(とき)-」を7月16日から11月下旬頃まで開催する。京都のいきものや自然を楽しめる水族館で、京都の魅力を再認識してもらうことが狙い。

【画像】水族館で舞妓との記念撮影も

 「舞妓 -花の刻-」は京都の伝統文化を次世代につなぐ活動をしている「弘庵」(京都市)とタイアップしたイベントで、京都の海を再現した「京の海」大水槽と、伝統文化「舞妓」のコラボレーションで幻想的な時間を届ける。

 イベントでは、約50種の魚たちが泳ぐ「京の海」大水槽前で、舞妓が「祇園小唄」を披露する。「祇園小唄」は舞妓が最初に覚える花街では有名な演目だ。

 期間中1日3回、各回50組限定で舞妓と記念撮影ができる写真撮影会(1人1000円)も実施する。新展示の「クラゲワンダー」エリアなど、京都水族館ならではの背景で、普段触れる機会の少ない舞妓との撮影を楽しめる。

 また京都市内に7店舗を展開する「レンタル着物岡本」と連携し、浴衣のレンタル京都水族館の入場券がセットになったチケットをWeb限定で販売する。チケットでは500着以上の浴衣から好きなデザインを選び、プロの着付けで夏の京都散策を楽しむことができる。

 京都水族館2012年3月に開業し、10年間で延べ1200万人以上が来館している。20年7月には、コロナ禍による3カ月半の休館を経て大規模リニューアルを実施。新展示エリアクラゲワンダー」には、西日本最多となる約30種5000匹のクラゲを展示している。「水族館のある暮らし」を通じて、人々の心の豊かさを提供することをミッションとして、さまざまな取り組みを進めている。

m_itmedia_business-20220714_093
京都水族館はイベント「舞妓 -花の刻(とき)-」を開催する

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

続きを読む

続きを見る

芸能ニュースまとめサイトカテゴリの最新記事