【芸能】元乃木坂46・北野日奈子の「がっつりバスト揉み」「下半身結合」の過激っぷり

【芸能】元乃木坂46・北野日奈子の「がっつりバスト揉み」「下半身結合」の過激っぷり

【芸能】元乃木坂46・北野日奈子の「がっつりバスト揉み」「下半身結合」の過激っぷり

 7月8日から、元乃木坂46北野日奈子ヒロインを務める舞台「蒲田行進曲完結編 銀ちゃんが逝く」の上演がスタートした。同日、舞台の通しリハーサル映像も、ネットで公開されている。芸能記者が解説する。

「今回の上演に合わせ、各ニュースサイトのYouTubeチャンネルでは、舞台のゲネプロ映像が公開されました。その動画では、北野が舞台上で共演俳優から押し倒され、あらぬ体位で下半身を結合させるような場面があるほか、後ろからガッツリとバストを揉まれるという体当たり演技まで映っているのです」

 このシーン、単に彼女を後ろから抱えて立ち上がらせる場面のため、本来であれば、俳優はウエストを持てばいい。それがなぜか左手を回して思いきり「隠れ爆裂バスト」と言われるDカップを掴んでいるのだ。

 北野は元乃木坂メンバーということもあり、熱狂的なファンの間では「ここまでガッツリ揉まれているとは…」「鋼鉄のアンダーウエアを装備してほしい」「これで殻を破って本物の女優になるんだね」などと、大きな反響を呼んでいる。

 そんな今回の舞台で北野の相手役を務めているのが、イケメン俳優の味方良介である。彼はこれまで、北野以外にも多くの元アイドルと共演しており、そのたびにオタクたちを悶々とさせてきた。アイドルライターによれば、

「劇作家つかこうへい氏の原作舞台では、女優の体当たり演技が慣例となっています。味方は昨年も、つか作の舞台『熱海殺人事件』で、元乃木坂46新内眞衣バストをワシづかみにしている。さらに過去には、元欅坂46今泉佑唯や元SKE48松井玲奈など、数々の元アイドルバストを舞台上で揉みしだいているのです。そのためネットでは、彼の輝かしい経歴に対し『令和のバスト揉みマイスターだ!』『女優側もこの人なら安心して身を任せられそう』『役得すぎて羨ましい』などと羨望の声が上がっています」

 とはいえ、俳優は極めて真剣に役を演じており、よこしまな気持ちなどないのだろう。

20220712_asagei_motonogizaka
アサ芸プラス

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

続きを読む

続きを見る

芸能ニュースまとめサイトカテゴリの最新記事