【芸能】大野智、夜の飲食店で見せた”裏の顔” 「お店の人から1万円札を…」

【芸能】大野智、夜の飲食店で見せた”裏の顔” 「お店の人から1万円札を…」

【芸能】大野智、夜の飲食店で見せた”裏の顔” 「お店の人から1万円札を…」

GettyImages-1187116488_arashi_oonosatoshi2

2020年末に嵐が活動休止して1年半が経過した。個々で活動を続ける4人に対して、大野智は芸能活動も休止中だ。

テレビでは歌やダンス、アートなど、多彩な才能を見せる大野。一方、プライベートでは「意外な一面」を見せて…。

■「何をやらせても上手い」

1日、17年に公開された大野主演の映画『忍びの国』が全国で復活上映された。久しぶりに大野がスクリーンで「復活」するとあって、一部の劇場では予約が殺到した。

表舞台から姿を消して1年半が経過しても、根強い人気を誇ることがうかがえる大野。あるテレビ局関係者は、彼の仕事ぶりをこう評価する。

「歌とダンスはもちろんですが、演技力、絵、書道など何をやらせても上手いです。特に、運動神経の良さは目を見張るものがありました。10年のドラマ怪物くん』(日本テレビ系)ではバク転を見事に決めましたし、バラエティ番組でボルダリングトランポリンをやっても軍を抜いていました。何でも器用にこなせるのですが、それをひけらかすことはありません」(テレビ局関係者)。


関連記事:二宮和也、嵐の活動休止から1年半… 関係者が語る「ソロ活動」の目的

■プライベートで起きた「事件」

一方、私生活に関してはテレビで多くを語らないため、謎に満ちている印象だ。30代のある女性は、都内のダイニングバーで大野を目撃したことがあると話す。

「もう10年以上前になりますが、大野さんがプライベートで友達5~6人と食事に来ていました。夜遅い時間帯でお酒も飲んで盛り上がっていたようですが、その中の1人が酔っ払ったのか、お店のスタッフに絡み始めたんです。お店の人に『これでみんなの分のたばこ買ってきてよ』と1万円札を渡していました。そんなふうに店員をおつかいに行かせるようなお店ではないのですが、その店員も無下にできず、困っているように見えました」(目撃した女性客)。

■「印象が変わった」行動

お酒も入った「悪ノリ」もあったのかもしれないが、少々気まずい雰囲気が漂っていたという。そんな時、リーダーが「ある行動」に…。

「大野さんがサッと立ち上がって店員から1万円札を受け取り、『お店の人にそういうこと言っちゃダメだよ。たばこなら俺が買ってくるから』と言って場を収めていました。怒鳴ったりせず、冷静な口調でした。鶴の一声という感じで、誰からも異議を唱える声はあがりませんでした。普段、テレビで見る大野さんは大人しいイメージが強かったのですが、こういう場面では男らしく振る舞えるのだと印象が変わりましたね」(前出・目撃した女性客)。

■意外な「弱点」も…

仕事では高い才能を発揮し、プライベートでは男らしく場を収めるなど、公私共に隙がないように見える大野だが、前出のテレビ局関係者は彼にも「弱点」があると話す。

「機械が苦手なんです。以前、バラエティ番組でパソコンに触れた時も、文字を入力するだけでかなり苦戦していましたからね(笑)スマホが流行り始めた時もまったく分からず、LINEツイッターの話題にも全然ついていけなかったそうですよ」(前出・テレビ局関係者)。

どんな時も気取らず、ありのままでいるところも大野がたくさんの人に愛される理由なのかもしれない。

・合わせて読みたい→大野智、5年ぶりの”復活”で… 「涙止まらない」「粋すぎる」ファン歓喜

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

GettyImages-1187116488_arashi_oonosatoshi2
大野智、夜の飲食店で見せた”裏の顔” 「お店の人から1万円札を…」

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

続きを読む

続きを見る

芸能ニュースまとめサイトカテゴリの最新記事