【芸能】平野ノラ、芸能人初の日本バレーボール協会評議員就任&名刺公開「バレーボールとミラーボールを明るく輝かせる」

【芸能】平野ノラ、芸能人初の日本バレーボール協会評議員就任&名刺公開「バレーボールとミラーボールを明るく輝かせる」

【芸能】平野ノラ、芸能人初の日本バレーボール協会評議員就任&名刺公開「バレーボールとミラーボールを明るく輝かせる」

 タレントの平野ノラ(43)が18日、自身のインスタグラムを更新し、前日に正式に就任した日本バレーボール協会評議員の名刺を披露した。芸能人が同評議員を務めるのは初となる。

【写真】芸能人初!日本バレーボール協会 評議員の名刺を披露した平野ノラ

 平野が新評議員に選任されたことは5月31日に発表されていたが、きのう17日に開催された「2022年度定時評議員会」終結をもって正式に就任。任期は4年で、2026年6月開催の定時評議員会までとなっている。

 平野は評議員の名刺や、自身の記事が掲載された『月刊バレーボール』7月号を手にした写真を投稿。「#バレーボールミラーボールを明るく輝かせて行く事をここに誓います」「#日本バレーボール協会」「#バレーボールに感謝」「#バレーボールがあったから今がある」と、バブリーネタをまじえて決意表明した。

 コメント欄では元バレーボール日本代表狩野舞子(33)が「ノラさん これからもよろしくお願いします ひとまず、対人しましょ」と投稿。ファンも「ノラちゃんのバレーの解説好きです」「機会があればうちのチームに練習つけてほしいです!」と平野がバレーボール界に携わることを喜んでいる。

 芸能人初の評議員就任のきっかけは、3月に日本バレーボール協会新会長に就任した川合俊一氏(59)の誘いだったという。

 平野が月曜レギュラーニッポン放送ナイツ ザ・ラジオショー6月6日放送で話したところによると、「会長が川合俊一さんになりまして、『どうだ』と誘っていただきまして。それだけでなく、厳しい審査をしたうえで24人の中の一人に」選出され、「バレーボールに貢献できるのであれば」と引き受けたという。

 評議員の仕事に関しては「バレーボール界のこれからをどうするか、予算案の会議も年に数回します」と説明。「時は来たという感じ」「もう1回こういう形でバレーボールに向き合えるというのは本当にありがたくて。これからはバレーボールミラーボールを回していきたいなと」と意気込みも語っていた。

 平野は母親がママさんバレーをやっていた影響で小学3年からバレーボールをはじめ、全国大会優勝歴6回(男女3回ずつ)の名門クラブ、東金町ビーバーズ(東京・葛飾区)で小学5年のときに全国優勝を経験。修徳高ではキャプテンを務め、関東大会2位になった経歴を持つ。

 評議員には平野のほか、ロサンゼルス五輪代表の野口(旧姓・石田)京子さん、ソウルバルセロナ五輪代表の佐藤伊知子さん、元NHKアナウンサーの刈屋富士雄さんら15人が新任。元フジテレビアナウンサーの菊間千乃氏ら9人が重任(留任)となった。

e7299bc53fad9c3c16e355af12b5149d_1
日本バレーボール協会 評議員に正式に就任した平野ノラ(写真はインスタグラムより、事務所許諾済み)


(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

続きを読む

続きを見る

芸能ニュースまとめサイトカテゴリの最新記事